おひさま保育園・おひさまっこ保育園

MAP

   秋から冬へ 不思議を子どもと感じる時間

 もうすぐ立冬、暦の上では冬です。
朝晩は冬の足音が聞こえてきますが、穏やかな晴れた日には、少し遠くの公園にお散歩に出かけています。
 今年は自分たちで育てる予定だったさつま芋がうまく育ちませんでした。暑さが長引き、なかなかみんなで畑の世話を焼くことができなかったのです。その荒れ地を子どもたちが見に行った時に、土の中から出てくる幼虫に心奪われ、土を掘ると変化する地層の中に粘土が出てきたり。「不思議」出逢いました。作物が育たなかったという事実に心馳せながらも、自然の中の不思議さを友だちと共に感じる、そんな時間も大切にしたい。
秋から冬です。